水城なつみ

水城なつみ

座右の銘は、あせらず・あわてず・あきらめず。4世代同居の大家族で育ち、小学5年から本格的に歌を習い、歌唱力は折り紙つき。2013年、「泣いてひとり旅」でデビュー。新曲は望郷哀愁演歌の「津軽の風笛」。“ねぶた”に重ねるドラマチックで切ない恋物語。ヒット祈願に茨城の「竜神大吊橋」で高さ100mのバンジージャンプに挑戦した。