角川 博

広島市出身、12月25日生まれ。高校野球の名門・広陵高校野球部に所属。福岡・中洲のクラブで歌っているところをスカウトされ、昭和51年デビュー。日本レコード大賞新人賞などを獲得。同期はピンク・レディーや新沼謙治、内藤やす子など。歌唱力と明るいキャラクターが魅力のベテランで歌手生活45年。美空ひばりらのものまねも得意で、自宅の電化製品はほとんどが賞品という時代もあった。最新作「雨の香林坊」(2020年8月5日発売)では、風情豊かな古都・金沢の香林坊で、切ない恋を忘れようと雨の中を歩む女性の心情を歌っている。