椎名佐千子

椎名佐千子

昭和57年千葉県旭市生まれ。祖母の影響で小学生の頃からカラオケ大会に出場。初めてステージで歌ったのは「雪椿」。19歳で袴にブーツの「ハイカラさん」スタイルでデビューし、レコ大新人賞を受賞。8月発売の「潮騒みなと~感謝編~」は、今年2月発売のリニューアル盤。カップリング3曲は、古風なアレンジと20年の重みを感じさせる歌唱が魅力の「潮騒みなと~ギターバージョン~」と「佐千子のしあわせ数え歌」。そして、人とのつながりに感謝する心を椎名が初めて作詩した「おなじ空の下」。